スープ

ボクの勝手なイメージで店名に豚のつく店は、乳化度が高い店が多い気がしていましたが。
意外と、非乳化な状態で出てまいりました。
タレの主張が強めながら、非乳化でも豚出汁感は強めに感じます。

 

麺マシして良かったと思える旨い麺

もっちり感とわしわし感があり、ほんのり捻じれのある太めです。
麺マシ券1枚にしないで、良かったと思える旨い麺だったのが嬉しい♡

 

 

茹で前800gなので、多いけど、そこまで極端に多い量でもないちょうど良いくらいの量。
しかし、今回のヤサイは凶悪だったので、麺もついでに減りが鈍く苦戦傾向になっちゃいました。

 

そして更に食べにくかったのが豚ちゃん!
やわらかくてジューシーだと評判の豚なので迷わずマシたのですが。
良いか悪いかはともかく、この日は肉肉しかったのです。

噛みごたえが凶悪で量も多いヤサイに加え、豚までも肉肉しいとなるとマシた分だけダイレクトにダメージとして跳ね返って来るわけで。
ボク、豚マシした時って、苦戦して後悔する確率高いのよね!爆
いやジューシーな部分もあるし、味は旨いのだけれど。

 

 

魔人豚の豚マシ、むちゃくちゃ量が多いんだもの。
全部で肉が500gくらいは入ってるんじゃないの?ってくらい!
1ポンドかよ(笑)



23分経過時

ようやく、ここまでで麺を食べ終えましたが・・・
ざく切りキャベツと多めに残った豚が立ちはだかり、終盤の悶絶タイム。
ボク、ださいな(笑)

 

完食タイム

36分
(固形のみ)

 

 

麺マシでヤサイマシマシの挙げ句に大苦戦だったので必死でした。
急いで食ったのですが、後半、時間がかかりすぎ!
いつも完飲するにスープを飲む余力がないほど(笑)

二郎系の固形だけで3.5kgとなると、ボク程度の胃袋では立マシさん以外では食べた記憶がありません。
その立マシさんですら、固形4kg弱の殆どはヤサイと言う内容ですから、恐らく魔神豚の方が難易度は高かったかも。

関連:立川マシマシの記事リスト

 

魔神豚総評

美味しかった!
まさか、ここまで苦戦するとは思いませんでしたが。
やはり豚が大当りの日に、あらためて、たくさんいただいてみたいと思ったのでした。

序盤は、制止気味だったスタッフさんも、一応、固形を完食すると一気に笑顔になってくれたのも好印象☆
また利用させていただく機会もありそうです。

有名店を自宅で味わえる宅麺と言うサイトで魔神豚のラーメン(アブラマシ豚2枚)が味わえます。

そんなわけで店名に豚の文字の件は保留します(笑)
食べるの遅くてゴメンなさい!ごちそうさまでした♡

いただいた品の総重量とカロリー

実測総重量 固形3516g+残スープ
推定カロリー 約3200kcalくらい?

魔人豚ラーメン/鶴ケ島駅
夜総合点★★★☆☆3.7