ジャンクガレッジは埼玉に20店舗を展開する、二郎系ラーメンチェーン店。
二郎系ラーメンの他に、荷台看板メニューのもう一方、まぜそばを世に広めた先駆者とも言われています。

熊谷店は、支店の中でも古くからあった店舗の一つ。
営業時間が長いのも利用しやすいと言う事で、遅い目の時間に利用しました。
目的はラーメンヤサイトリプルの盛りの量を確かめる事。

最近、二郎系の良さが分かりかけてるような気がしてるボク・・・
にわかなので、二郎の良さを知りたい。
そんなわけで、熊谷の二郎系、ジャンクガレッジにチャレンジ☆

最近まで、二郎系のジャンクさを毛嫌いしていた節があったので、
店名からして、この店には、近づく気が起こらなかったわけです。
まぁでも、食べてみないと分かりませんから、何事もチャレンジ☆

 

日曜の遅い目の時間、閉店15分前に入店。
コールや頼み方には相変わらず不慣れな、ド素人ですから、
食券の前から店員に頼み方のレクチャーを受けてみました。

熊谷市の当ブログ記事リスト

ジャンクガレッジ熊谷店の店舗データ

埼玉県熊谷市見晴町21番地
上熊谷駅徒歩5分


11:00〜15:00
17:00〜23:00



土日祝は通し営業
無休

ジャンクガレッジHP[公式]

ジャンクガレッジメニュー

ボク「この店で一番盛りの良いデカいのを頼みたいです」
「では普通のラーメンの麺倍盛りを注文してください」

 

ラーメン 680円
豚玉ラーメン 880円
辛ラーメン 780円
味噌ラーメン 780円
まぜそば 680円
パワフルまぜそば 780円
豚マシまぜそば(玉子あり) 880円

ジャンクガレッジメニュー

無料トッピング(コール)のルール

コールは食券を渡す時に先に聞かれます。

「野菜トリプル(マシマシマシの意)だと1.5kgになっちゃいます」
ボク「では、とくに問題ない量なので麺倍盛りの野菜トリプルで」

店員さんが「・・・素人さん大丈夫かいな」と言った疑いの目!
いやいや、もやしなんてどれだけ盛っても飲み物ですから(笑)

ついでに、あぶら、にんにく少なめも含め恐る恐るコールしてみます。

そんな余裕こいて待つ事、7分くらい。
なぜか丼が3つ出てきました・・・
ええぇぇぇっーー!!

ラーメン倍盛り

ラーメン680円
+倍盛り200円

 

二郎系ジャンクガレッジ熊谷

 

普通のラーメンに、別盛の丼に盛られたもやしが二つ分も・・・
訳が分かりませんが、M属性なボクは嬉しくて仕方ありません(笑)

天地返し

まずは、他の人の受け売りで、ラーメンの野菜と麺を天地返し。
こうする事で麺の伸びをふせぎつつ、麺と野菜の量を配分しながら食べやすくするのだそうです・・・
なるほど、これはかなり考えつくされた完成された食べ方かも?

 

二郎系ジャンクガレッジ熊谷天地返し

 

麺とスープと脂だけだと、濃くてジャンクで食べられないですが、野菜マシマシ等にすると、もやしの量で中和されるんですよね。
そこでジャンクにならないように、大量のもやしで味を薄めつつ、麺一口にもやし三口、脂とかにんにくは濃くならないよう調整。

こうしていただく事でジャンクな二郎系は程良い味になるみたい。
また最近は、二郎系はラーメン枠に当てはめない事も意識してます。

二郎系への見解

味を求める時にはボクはラーメンにはスープの味を最優先していますが、二郎系の時にはスープの優先度を低く、麺と具に比重を起きます。
そんな理由で、少しづつ二郎系に良い印象を持つようになりました。

 

熊谷ジャンクガレッジ野菜トリプル完食

 

ところで店員の言っていた、野菜トリプルは1.5kgとの事でしたが、食っても食っても減らないので計算したら、もやしだけで1.5kg

途中で総重量が2.5kgを大きく超えそうなのに気づき焦り始めます。
結果的に先を見ず、目の前の一口に集中するピッチ走法にて、少しづつ減らして行き、なんとかかんとか23分で完食しました。
と言いつつ、まだ若干余裕あり(笑)

二郎系ってデカくても大して苦しまずに食える得意系なのかも?
味も上記記述通り、もやしで中和しながら食べると美味しいです。

それと自分に合ったコールを見つければ、どんな二郎系でも大体は美味しくいただけるのかも知れません。
コールはお店ごとで、自分に合わせる必要がありそうですけれど。

いただいた品の総重量とカロリー
推定総重量 2850g
(麺+700gもやし1500g+スープ450g+その他200gくらい?)
推定カロリー 約1700kcalくらい?

ジャンクガレッジ熊谷店
夜総合点★★★☆☆ 3.6