デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ

「二郎系ラーメン(埼玉)」の記事一覧

クローバー久喜駅西口駅前店二郎系ラーメンまぜそば麺増し2個食い

クローバー久喜西口店【デカ盛り】濃厚二郎系ラーメン&まぜそば2大看板メニュー食べ比べ【麺増し】

クローバー久喜駅西口駅前店は、埼玉県久喜市(旧栗橋町)にある人気つけ麺店麺屋みつばセカンドブランドの二郎系ラーメン店。 いくつかの居酒屋が立ち並ぶ、久喜駅西口駅チカの集合施設あっちこっち横丁内に、初のラーメン店として2021年7月21日にOPEN! 元々、昼営業のみの麺屋みつばが、毎月最終土曜のみクローバーとして、夜営業で二郎系ラーメン店の二毛作営業をしており。 こちらも夜営業のみですが、二郎系ラーメンとまぜそばの2大看板メニューを食べ比べしてまりました。
ジャンクガレッジ味噌ラーメンヤサイダブルアブラダブルまぜそば大全マシ小ライス豚マシ別アングル

ジャンクガレッジ【デカ盛り】まぜそばのパイオニア埼玉発の二郎系チェーン超濃厚味噌ラーメンとと2個食い美味すぎた

ジャンクガレッジは、埼玉が誇る、まぜそば世に広めたパイオニア的存在の二郎系ラーメンチェーン店。 埼玉県内の店舗数は20店を数え、ショッピングモールのフードコート内などの店舗も多く。 明るく接客が良く女性でも入りやすい二郎系らしからぬ良い雰囲気。 味やコスパの良さもブレずに安定感があり、根強いファン層が支えている印象です。 5年ぶりのジャンガレで何かと印象が覆され‥
麺屋桐龍久喜店正面OPEN工事中画

麺屋桐龍久喜店【10月初旬OPEN】埼玉二郎系ラーメン店一二を争う人気店の2号店

麺屋桐龍久喜店が2021年10月初旬OPEN予定と発表がありました。 埼玉県の二郎系ラーメン店の中でも、一二を争う人気店でも東川口の麺屋桐龍の2店舗目となります。 場所は埼玉県道153号線、幸手久喜線の元Pantopia (パントピア)、更に前はミスド久喜店だった跡地で、カーテンじゅうたん王国久喜店の道の向かい側。 奇しくも同じ埼玉県の人気二郎系ラーメン店、蒙麺火の豚と同じ通り沿いのようです。
ラーメン富士丸東浦和店夏季月水金限定つけ麺麺マシ愛情盛り黄色カレー付き

ラーメン富士丸東浦和店【デカ盛り】貴重すぎる富士丸のカタ麺つけめんが旨すぎ今年のMVP候補【愛情盛り】

ラーメン富士丸東浦和店は、埼玉県の最寄りは東浦和駅ながら、住所は川口市に位置する大繁盛二郎系ラーメン店。 熱烈なファンの多いラーメン富士丸神谷本店が初めて許したと言う、富士丸初のれん分け独立店です。 夏の期間は月水金土で、つけめんを限定で提供しているとの事で、春先のラーメンに続き訪問! あの富士丸の硬い麺をシメたつけめんで食べたら?と言う想像だけで唾液が
さいたま市つけ麺どでん二郎系麺のつけ麺専門店麺マシすりばち充実のトッピング食べ放題

つけ麺どでん【食べ放題】トッピング10種類以上無料1番好きなつけめん専門店【麺増し】

つけ麺どでんは、さいたま市内に3店舗を持つ、元富士丸北浦和店から派生した二郎系ラーメン店。 他2店とは全く異なり、麺は二郎系ながらラーメンは扱っていない、つけ麺専門店と言う希少なお店さんです。 いつもラーメン派のボクが、つけ麺が食べたくなると利用するお気に入り店。 今回は北陸からのゲストダメ太郎さんとご一緒させていただきました。

ラーメン富士丸東浦和店【デカ盛り】富士丸初のれん分け独立店で国産ブタメン麺増し【愛情盛り】大苦戦

ラーメン富士丸東浦和店は、埼玉県川口市に位置する大繁盛二郎系ラーメン店。 ジロリアンの間で最高峰とも言われる、東京の神谷本店が初めて許したと言う、富士丸初のれん分け店なのです。 以前から火の豚を統括していた、気心知れた店主さんにつき麺増し等にも柔軟な対応! そして関東の二郎系特有の入り辛さがなく。 クリーンな接客で活気があり女性も入りやすい印象を受けました。

夢を語れ埼玉【デカ盛り】2020年10月20日新規OPEN二郎系麺増し対応店【大食い】

yume wo katare saitamaは、埼玉県越谷市に位置する、二郎系ラーメン店。 ラーメン富士丸出身のラーメン荘夢を語れ創始者西岡津世志氏が、京都の一乗寺で創業し、全国47都道府県に夢を語れる店を展開すると言う、埼玉県での1号店。 2020年10月20日新規OPENで、他の夢を語れ及びラーメン荘系列同様、上限なく麺増しにも対応との事。 パンチのあるラーメンを提供すると、既にラーメンおよび汁なし等メニュー内容も発表済。