デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ

「デカ盛り(新潟)」の記事一覧

中華亭【大油】燕三条背脂煮干しょうゆラーメンの大繁盛店【中華超大盛チャーシュー月見】

中華亭は、新潟5大ラーメンの1つ、極太平打麺に煮干が香る燕三条背脂醤油ラーメン店の代表格。 デカ盛り要素のある、中華超大盛と言うメニューがあり、背脂量も普通、中油、大油と選べます。 器の中央が、真っ白に雪化粧する大油の映えるビジュアルは必見、絶品のコクは必食! 燕三条背脂ラーメンの元祖福来亭の息がかかった、伝統を継承するお店の1つだそうです。
長岡中華大吉餃子と店主が量を決めるラーメンデカ盛り

中華大吉【長岡市】名物餃子とラーメンが評判【デカ盛り】降りているシャッターを開けて入る深夜の名店

中華大吉は新潟県長岡駅近くにある、深夜23時頃から4時まで、ひっそりOPENするデカ盛り中華料理店。 お店の入口は常時シャッターが閉まっており、勝手を知っている常連さんは何食わぬ顔でシャッターを開けてお店へ入って行きます。 このシークレット感が人気の秘訣で、客の半数以上は飲みメインにつきラーメン居酒屋的な側面もあり。 名物の餃子の量、ラーメンの麺量は客に合わせて店主が決めると言う謎システムで、人によっては6玉もサービスされる事もあるらしい(笑)

嚆矢[こうし]【デカ盛り】新潟の大繁盛ボリューミー店で突発的大食いで爆食オフ会

嚆矢[こうし]は、新潟市にある、ボリューミーな丼物などがいただけるお食事処。 いや、むしろデカ盛り店と言ってしまっても良いくらい。 近頃一気に認知度が上がっており、新潟の新たなデカ盛り聖地のようになりつつあります。 この日は、恒例おばけパフェオフ会の予定が延期になりましたが、新潟の口になっているので、そのまま新潟での食べ歩きへ(笑)

ドライブイン小柳【大食い】残すと倍額すり鉢に山盛りの名物デカ盛りカツカレー

ドライブイン小柳は、新潟県聖籠町にある、デカ盛りの名物カツカレーがすり鉢で出てくる有名店! ネマタ氏との新潟遠征の前後に日に、検証してみました。 広く調査した所、新潟県内では一番大きい萬来のカツカレーに次ぐ、2番目に大きいカツカレーに認定です! グンマーだったら一番になれる、けっこうなデカ盛りかも☆
柏崎萬来名物カツカレー大盛り

萬来【新潟一デカ盛り】初見注文不可な誰もが2度見する大盛りカツカレーの真相【大食い】

萬来は、新潟県柏崎市にある、デカ盛りカツカレーで有名な街の大繁盛中華料理店。 名物カツカレーは、初見での大盛注文は激しく制止され注文が不可! 普通盛りを完食する事で、最大サイズ大盛カツカレーが注文出来るルールなのです。 新潟県のラスボス的存在な、念願のカツカレー大盛りですが。 前回普通盛りを完食したので、二度目で注文が許されました。
元祖新潟濃厚味噌ラーメン東横すり鉢デカ盛り濃厚味噌ラーメン4玉とうじろう

ラーメン東横【デカ盛り】新潟五大ラーメン元祖濃厚味噌4玉の巨大すり鉢ラーメン

ラーメン東横は新潟5大ラーメン濃厚味噌の元祖と言われるラーメン店。 メニュー数は豊富ながら名物はもちろん濃厚味噌ラーメンで、新潟県内に数店舗を展開しています。 新潟五大ラーメン、新潟あっさりラーメン、燕三条背脂ラーメン、長岡生姜醤油ラーメン、三条カレーラーメン、新潟濃厚味噌ラーメン シメにに割りスープで濃厚スープを割ると言最後まで楽しめる事で有名なチェーン店です。

博多麺番長(新潟市)【デカ盛り】超絶脂ギッシュなハイカロリー豚骨ラーメンの新店でプチオフ会【大食い】

少し前に新潟長岡で、デカ盛り系のオフ会があり参加表明したものの、当日の体調が思わしくなく欠席したと言う出来事がありました。 申し訳なく感じていたので、新潟にいくつかの用事を作り、主催者さんにご挨拶させていただこうとすると快く快諾してくれました。 そんなわけで平日の夜、新潟市竹尾IC近くの元麺マッチョの新店へ。