デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ

「二郎系ラーメン」の記事一覧

豚ゆう(北本市)【デカ盛り】ド乳化超濃厚スープ神豚の二郎系ラーメン店

豚ゆうは、埼玉県北本に位置する大繁盛二郎系ラーメン店。 豚を冠名にする店名に恥じない、超濃厚ド乳化スープや角煮のような絶品ブタがウリで、連日の大盛況っぷり! 以前は鴻巣で「○雄」と言う豚骨ラーメン店から、二郎系に以降した店舗で営業していた同店が、ドンキタモト跡地に2018年12月に移転OPEN★ 店主さんは同じジャンクガレッジ系列での修行経験もあり、この地に根付いた「まぜそば」ファンをも魅了しています。

ラーメン伝次平(高崎市)【デカ盛り】はたお商店の二郎系バージョン店【大食い】

ラーメン伝次平は、群馬県高崎に位置する、大繁盛の二郎系ラーメン店の新店! 高崎前橋界隈に3店舗を展開する、和歌山ラーメンをウリにする「はたお商店」系列が、なぜか二郎系verで勝負してきたお店です。 奇しくも2019年10月25日は、ラーメン二郎前橋店がOPENした2日前! 一気にこの地域に2店二郎系(直系)の選択肢が増えたと言う事になります。 お味はどうなのか…

自家製麺No11(板橋区)【デカ盛り】富士丸系二郎系店の麺増しで殺されかける【大食い】

自家製麺No11(なんばーじゅういち)は、東京都板橋区大山に位置する、大繁盛二郎系ラーメン店。 某富士丸板橋南町出身の店主さんが、2019年夏にOPENした注目の新店です。 大食い系の人もジロリアンさんも、皆さん声を揃えて「富士丸ぽく美味しい」との事で、ボウルで麺増しも可能らしく。 夜24時まで営業しているのも夜行性なボクにはうれしい限り。

麺屋歩夢(相模原市)【デカ盛り】豚出汁まみれの純スープ二郎系ラーメン【麺増し】

相模原市中央区淵野辺にある、大繁盛二郎系ラーメン店麺屋歩夢へ10度目の訪問。 全メニュー制覇に向け食べ尽くした感がある中、辛い系のメニューにだけ取りこぼしがありますが、アレルギーの調子が悪く、辛いのを自粛中につき。 この日は歩夢さんの豚出汁感の強いスープを浴びるほど堪能したいと思い付き。 特注メニューを作っていただく事にしました。

立川マシマシ古河【デカ盛り】二郎系ラーメン大繁盛店の特注マシ冷やし大食い

立川マシマシ125号古河店は、茨城県の最も埼玉寄り古河市に位置する、大繁盛二郎系ラーメン店。 同チェーン12店舗目として、2019年8月8日に新規OPENしました。 足利店で馴染みだったお二人が、切り盛りしているとの事で一足遅れで訪問! しかし青木ママも、ともさんもおらず、ラーメンの予定でしたが、急遽冷やし中華で麺マシ豚マシでいただく事にしました。

ラーメン荘これが好きだから(西宮市)【デカ盛り】神豚Wど乳化麺マシ二郎系ラーメン【大食い】

ラーメン荘これが好きだからは、兵庫県JR西宮駅から徒歩圏内にある二郎系ラーメン店(通称これ好き)。 系列では比較的古い方の部類で、OPENは2011年秋で、地域に根づいている大繁盛店です。 ラーメン荘巡りのきっかけとなった、京都地球規模で考えろ伏見本店の出身店主さんと言う事で味が好みなので。 年初の開店直後に引き続き、今回は閉店前付近に訪問する事になりました。

つけ麺どでん【デカ盛り】つけ麺なのに富士丸系極太平打ち二郎麺で絶品【麺増し大食い】

つけ麺どでんは、同じさいたま市内に位置する、元富士丸の二郎系ラーメン店の新都心店のような位置づけ。 北浦和店、大宮店との決定的な違いは、二郎系でありながら、つけめん専門店と言う希少な存在なのです! 前回の訪問にて、安価の麺増しが可能な事を知り。 加えて、無料トッピングの充実ぶりは、二郎系で日本一ではないか?と言うくらい満足度の高さで気に入りました。 駐車場完備なのも評価できます。