今年に入って急激に中毒化してしまった激辛ラーメン。
情報は定かではありませんが激辛ラーメン発祥はここ伊勢崎と言う噂があります。

元となった店は、今は亡き”上州ラーメン風っ子大将”なる店だとか。
地元では未だに多くの熱烈なファンが現存しているほど、激辛好きの伊勢崎市民に大きな影響を与えた店なのだそうです。
関連:激辛の記事リスト

その老舗、激辛ラーメン店の系譜を引き継ぐのがこちらのお店☆
粉さんのレビューなので予習をして、ほぼ受け売りしています。

 

ボクはその元になった店の味も中毒性も知らないですから、前の店と比較する事もなく、先入観はなくフラットな感想になります。
ただ、最近、激辛にハマりすぎて、味覚障害疑惑がありますが(笑)

ボク「すみませんネットで見て雷ラーメンを食べに来ました」
お店「あーありがとうございます」
ボク「メニューの大辛雷3番より上の裏メニューは作っていだけます?」
お店「いくらでも作れば作れますよ どのくらい?」
ボク「基準がないから難しいですが5番でお願いします」
お店「はーい5番ですね(にっこり)」

伊勢崎上州ラーメン雷ラーメンメニュー

 

お店の方は埼玉の上里町から通っていると言う、年配のご夫婦。
旧風っ子大将の2番弟子さんなのだとか・・・

味噌ラーメンが得意なようでベースはだいたい味噌ラーメンです。
他に、アルプス盛りと言うデカ盛りメニューも発見しました(笑)
スープ完飲で餃子無料券進呈だとか。
これ、食った後、そのまま使えるのかな?
確認すれば良かった。



 

雷ラーメン5番伊勢崎上州ラーメン

 

10分も立たずに、割と早い提供です!
見た目は激辛にしては、結構黒ずんだ赤みのスープです。
真っ赤っ赤とは少し違い、表面には油層があり、ごま油の香り。

 

伊勢崎上州ラーメン雷ラーメンラー油膜

 

激辛ラーメンですから、ごま油ではなくラー油が強いのですね。
味を殺すくらい強烈なラー油の香りですが、次第に慣れて行きます。
一口目は違和感があったのに、食べ進める内に旨くなりました(笑)

 

伊勢崎上州ラーメン雷ラーメン麺リフト

 

麺は中細~中麺くらいの、微チヂレ麺で特筆する感じはなしです。
具は、たまねぎ、ひき肉、山菜のわらびやぜんまい、多めのコーン、細めのもやし、意外と具だくさんで具の甘みが強く出ていました。

 

伊勢崎上州ラーメン雷ラーメン5番

 

辛さはいつもと違って、麺を食べるよりスープの方が辛く感じます。
中本の蒙古タンメンの辛さを5、北極を9とすると6~7くらい?
おいしくいただける良い辛さです☆

 

伊勢崎上州ラーメン雷ラーメン完食

苦もなくあっと言う間に完食!
ペースが早かったそうで、お店の方が驚いていましたが、なんとなく食べるほどに箸がすすむ味で食後の満足感もけっこうなモノでした。

最近の、唐辛子の欲し方に身の危険を感じています。
明らかに病的な欲し方なので、一通り回り終えたら、激辛は封印するつもりでいますが、もうしばらく食べさせてもらいますね(爆)
次回は、大盛りのラーメンを激辛で作ってもらおうかしら☆

この日いただいた品のスペック
実測総重量 1199g(固形647g+552g)
推定カロリー 約1000kcalくらい?

上州ラーメン
夜総合点★★★☆☆ 3.8