にほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング


浜松市の名産品として名高い、「うなぎパイ」は、地元の春華堂が販売する、全国お土産ランキングで常に上位な人気のお菓子!

春華堂の売上の9割は、うなぎパイが占めると言いますが。
2005年に設立されたのが、工場見学も出来る、こちら、うなぎパイファクトリー!
今や、浜松市の観光スポットの役割も果たす人気の施設なのです。

 

この手の工場見学は、ガリガリ君で有名な埼玉県の赤城乳業の工場見学以来ですが。
浜松長期滞在時に、せっかくなのでネタ拾いさせていただきました!

ナツへたれ ◀◀ デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログYoutube初投稿動画

うなぎパイファクトリー

053-482-1765
静岡県浜松市西区大久保町748-51

 

 

JR舞阪駅から車で15分
高塚駅から3,566m

 

営業時間

9:30 ~ 17:30
7,8月→~18:00まで
無休(但しメンテナンス休業あり)

 



工場見学などのメニュー

工場見学は事前予約の有無があります。
予め予約してから出向いてみました。

 

ミニうなぎパイ3枚入が無料

受付を済ませると、いきなりミニの方のうなぎパイ3枚入が貰える!
これも買うと500円くらいはした気がするから、うれしい!

 

 

うなぎパイって割と高級なお菓子な気がするけれど。
買って食べるには躊躇してしまったり(笑)

工場見学

 

工場見学にありがちな企業の歴史や由来。
社会との関連性などが、結果的にじっくり学べます。

 

 

これまた工場見学に良くある。
製造工程の拘りに加え、アピールと言うかプレゼント言うか。

 

 

聞けば聞くほど、しっかりした企業なのが良くわかる。
最近の日本の企業の検品システムや品質への拘りは凄いと思う。

 

 

物凄い安全管理!
ラインの流れとか、ずっとボーっと見ていられる(笑)

 

春華堂の歩みムービー

歩き疲れた頃には、座れる映画館のようなスペースがあり。
これまた工場見学に良くある、会社ヒストリーのような映像が流れています。

 

 

疲れたので座りながら。
先程いただいた、うなぎパイをいただいたり。

最後はカフェと売店

超巨大なデカ盛りうなぎパイ?
オブジェが置いてあったので記念撮影。
季節感がバグっているのがバレますね(笑)

 

 

順路通りに進んで行くと、最後はお土産が充実した売店へ。
その手前には、名物「うなぎパイパフェ」なども置いてあるカフェがあり。

 

 

これ食べる予定だったのですが。
ムダに時間がなくなりそうな上に、カフェが待ちが出るほど混んでいたので断念!

 

 

結局、適当なお土産をいくつか買っただけ。
しかし、うなぎパイにも種類があったり。
いろいろ知らないものも沢山置いていたり。

 

 

うなぎパイ。
自分で食べる為に買うのには勇気が要りますが。
お土産であげると喜ばれるので、つい買ってしまうやつ(笑)

 

 

うなぎサブレとか。
初めて聞きました(笑)

 

カードも使えるので安心。
かしこまったお土産をいただきました。

 

うなぎパイミニ

 

知名度全国区のお菓子だけに。
なんとなく子供の頃から食べる機会も多く。
相変わらずの安定のおいしさ☆

 

 

サクサク感と甘み。
決して、うなぎは入ってないですが、うなぎエキスみたいなものが入ってるらしい。
食べた感じは良く分かりません(笑)

ガリガリ君工場赤城乳業の工場見学レポ

表面は、はちみつ系のコーティングっぽい味。
これ100枚は大食いでも、なかなか食えないだろうな…
木下さんとかMAXさんにやってみて欲しい!爆

茨城県の味噌工場のレポ

そんな感じで、工場見学って行くとかなりの確率で、その企業の事を見直したり。
一目置くようになったり、信頼性が高まったり。
ほぼほぼマイナスイメージになる事は少ないと思う。

群馬の名所こんにゃくパーク無料食べ放題や工場見学の施設レポ

長い目でみれば、うなぎパイ3枚くらいは巡り巡って還元されるのかも知れません。
この工場見学は凄く良いので、お子様連れやデートでも楽めると思います!
あぁ、うなぎパイ食べたくなった☆

うなぎパイファクトリー売店洋菓子(その他)/高塚駅舞阪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7