にほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

ラーメン二郎三田本店は、言わずと知れた、ラーメン二郎の総本山。
50年前の1968年に都立大学駅前創業、1996年より今の地で営業しているのだそう。
いわゆる二郎の聖地と呼ばれ、創業者はネット上で「総帥」と崇められ親しまれています。

ラーメン二郎の中では、唯一、早い時間からの営業で、朝ラーが食べられる事でも知られており。
麺増し好きのお友達と、朝ラー麺増しをお目当てに出向いたのでした。

 

 

週末、開店時刻8時半前を目指すも、寝坊やら渋滞やらで到着したのは9時20分(笑)
既に30人くらいまで、列が伸びていたのでした。

関連:ラーメン二郎の記事リスト

ラーメン二郎三田本店

東京都港区三田2-16-4
三田駅から541m

 

 

駐車場なし
13席

 



営業時間

8:30~15:00
17:00~20:00

 

 

売切れ時は早じまい
日・祝日(他臨休あり)

 

 

お店を背にして左方向へ並び、△の建物を取り囲むように
↪ぐるーりと並ぶのが三田本店独特の並び方。
他の店舗とは違い、女性も年配者も、観光客っぽい人も並んでおり、人種のるつぼ(笑)

シンプルなメニュー

メニュー構成はいたってシンプル!
各ぶたダブルは売切ランプが点灯していました。

ラーメン 600円
ぶたラーメン 700円
ぶたダブルラーメン 800円

大ラーメン 650円
ぶた入り大ラーメン 750円
ぶたダブル大ラーメン 850円

小と大の価格差が50円しかないのもありがたいのですが。
今どき、大が650円しかしない事に、むしろ違和感があるくらい(笑)

 

 

並んでる客、ワンロット(麺茹で一巡)分、5名くらい?
並んでいる時に、食券を見せるか、麺量を聞かれますので。
先頭から6~7番目くらい?になったら、折を見て食券を買いに行った方が良いようです。

麺増しルール

常連の風格がなくとも、一定量までの麺増しには、大ラーメンの食券で無料で応じて貰えます!
並びの先頭の方になって、盛りを聞かれる際に・・・
麺増し出来ますか?」と、いけ氏と揃って申し出ました。

さらに総帥に顔を覚えて貰うと、過激な盛りになると言う噂あり。
他に、「麺カタメ」「やわらかめ」「油少なめ」「油ヌキ」等も、このタイミングで言うようです。

 

 

三田本店は2度目ですが、前回訪問時に非乳化で表層油層が微妙だったので。
今回は、どさくさに紛れて、初の「油ヌキ」をお願いしてみました。

そのクセ、後からのコールでアブラをコールするので、なんとなく気が引けます!爆
つまり、液体油は嫌だけど、固形アブラは大好きと言う矛盾とも言える嗜好なのです。
同じタイプの人、けっこう居ると思うんだけど(笑)

 

 

そのクセして「にんにく入れますか?」とコールを求められると・・・
「ヤサイオオメアブラで」と、アブラコールをするのだから何となく気が引けるのです。

大ラーメン麺増し油ヌキ(税込650円)ヤサイオオメアブラ

三田本店は麺増し以外は、特に盛りが多くはないのもあり。
回転は早く、並んでからジャスト30分で、早くも提供されました。

麺増しなので?
「先にこちらスープです」と言われました。
まるで、つけ麺を頼んだかのようで、スープ、ヤサイ、ブタが丼に、普通の1杯くらい入っています。

 

 

上がボクので。
下がいけ氏の「ぶた入り大ラーメン麺増しアブラ」

 

 

ボクのが油ヌキは明確で、ヤサイも多めが多少は反映されていそう。
ぶた入りは、ぶた2枚→5枚(ダブルなら8枚?)になると言う噂通りだった模様。

 

 

二人揃って、アブラのコールが通っているかは微妙で。
ボクは特に油ヌキコールだったからか、後からのアブラも一切入ってなかった様子(笑)

 

 

続いて、麺の入ったラーメン本体が、ヤサイオオメも反映され?出て来ました。
前回はヤサイマシマシコールでも全く多くなかったのもあり、多めと言ってみたりしたのですが。
麺増しをした時点で、少しは盛って貰えたのかも知れません。

 

 

こうして見ると、650円で、ここまで盛って貰えるとは。
前回、盛りが微妙だったのが信じられないくらい。
三田本店の神対応、はんぱないって!

 

 

本体提供時に、素人なので、ぬれ布巾の上に出されたのに気づかず。
丼だけ下ろすと「その付近ごと下ろして下さい」と言われてしまいました(笑)
スープが並々と入っているので、丼の底の方へスープがまわってしまい布巾がないと水浸しになるようです。

実食レポ

そんな感じで、別丼な上に。
ヤサイも標高高めに盛ってもらえて、食べる前から既に大満足ですが。

 

 

三田本店特有の?
前回とのブレが激しかった、実食レポをお届けします☆