金沢カレー専門店ゴールドカレーは、石川県を中心に店舗展開しているチェーン店。
水元公園店は、東京都葛飾区に位置する、関東で唯一の店舗となっております。

全店舗で同様の大食いチャレンジメニューを実施していますが。
先日のこちら限定1kgチャレンジ記事に引き続き、日を置かずに全店共通2kgへ挑戦です。

 

 

一昨年に東京唯一の店舗として存在したゴールドカレー中野坂上店。
この時のチャレンジで撃沈したリベンジ、弔い合戦でもあります(笑)

関連:2016年秋ゴールドカレー中野坂上店の2kg大食いチャレンジ撃沈記事

ゴールドカレー

03-6672-1592
東京都葛飾区東水元3-1-5

金町駅から1,327m
駐車場13台あり

 

 

駅から距離がある店舗ですが、東京都とは言え千葉県に近い郊外なので。
駐車場は、たっぷり13台分が用意されています。



営業時間

7:30~22:00(L.O.21:30)
日曜日のみ 11時開店~
第3火曜日定休

 

 

通し営業で利用しやすく。
営業時間も長く、駐車場も完備されていおり、使い勝手が良い印象です。

メニュー

ドロっとしたルーが特徴的な、金沢カレーの専門店。
盛りの量の違いと、豊富なトッピング類の種類の組み合わせが違うだけの品揃えです。

他には、オムカレーと言うメニューも存在し人気なのだとか。
実食した事がないので、疎くて説明できずに申し訳ありません。

 

 

それぞれ、キャベツの大盛りは無料だったり。
平日のランチタイムは、生卵orゆで卵のサービスもあったり。

5日15日25日と、5の付く日はゴールドカレーの日として。
Gカツカレー全サイズ100円引き
オムカレーも同様に50円引きイベントです。

他には、辛さ調整で、大辛、激辛を各30円、60円で増やす事も出来るそう。

 

 

ゴールドカレーは先に食券を買うシステム。
大食いチャレンジメニューでも、先に専用の食券を購入し、成功すると返金してくれるシステムです。

全店共通大食いチャレンジメニュー

タイの店舗も含め、ゴールドカレー全店共通の大食いチャレンジ!
2kg、4kg、6kg、8kg、10kgと段階的なコースが存在し。
6kg以上は賞金が付く等、当然ですが上のコースになるほど難易度がマシます。

 

水元公園店のみ実施の1kgコースが消えた?

前回挑戦し成功した1kgコースですが、1週間も経たない内に休止中になっていました。
なんでも挑戦する人の成功率が100%に近いらしく、下図のようなポスターも剥がされてしまいました。

 

 

条件の見直しで制限時間を短くする検討中だそうです。
ボクが引き金を引いてしまったようで申し訳ないな。
加えて4kg以上のチャレンジは、この店の2kg成功者のみ挑戦が可能だそうで、飛び級は出来ません★

 

 

実は前回挑戦時に予め聞いておいた2kgの量の詳細。
1kgコースは、ごはん1kgにルーだったのに対し。
2kgコースは、ごはん1.6kgに、とんかつとルーが加わるとの事でした。

 

1kg大食いチャレンジメニュー(水元店限定)
ごはん1kg+キャベツとルー(かつはなし)
制限時間7分
完食で無料
挑戦料金は1580円
予約不要で営業時間内なら挑戦可
2kg大食いチャレンジメニュー
総重量は2kgよりも遥かに超えるそう
制限時間15分
完食で無料
挑戦料金は2560円
予約不要で営業時間内なら挑戦可

 

ですので、1kgコース約1.5kgの倍までにはならないと言っていました。
ここで過去の中野坂上が2.4kgだったのを思いだし、似た量の想定で今回の挑戦に至ったわけですが。
1kg休止中と言い、なんとなく暗雲が立ち込めてるような嫌な予感がします(笑)

 

想定外の盛りな2kg大食いチャレンジ

(税込2560円)

イメージしていたより、明らかに多いきがしました。
前回挑戦時に、また来ると言ったから対策されたのか?
それともスタッフさんが別の人だったので、意思疎通が出来ていないのか?は不明です。

 

 

ちなみに2kgの成功者は、65名ほどの挑戦で、のべ7名だそうです。
成功率1割程度なので、バランス的に優れたチャレンジだと思います。
あくまで、量が統一されていればの話ですが(笑)

 

 

いや、それにしても凄い量!
以前、他の金沢カレーで2.8kgの愛情盛りをされたゴーゴーカレーの最大メニューのようです。

 

 

画像だと、いまいち1kgの時との違いが良く分からないかも知れませんが。
銀のオードブル皿のサイズから異なっています。

 

 

スプーンサイズを統一して、前回のと今回のを並べて比較してみると。
明らかに、倍くらいは盛られているのが良く分かります。
完食は出来るけれど、一昨年、これより少なくて撃沈歴があるので、正直諦めムード(笑)

 

 

今回もスタートまでの準備は十分待ってくれるので。
飲み込み補助用の味噌汁を用意したり、撮影、計量のルーティーンとこなし。

 

 

呼吸を整え。
15分のカウンドダウン開始!