デイリーチコは、東京都中野区の複合商業施設、中野ブロードウェイ地下1Fにある、施設の象徴とも言えるような大繁盛軽食店。
種類豊富でカラフルなソフトクリーム、特に8色8段のデカ盛りソフトがウリで、他にうどんやそばなどの提供もあります。

立ち食い用カウンターも備えられており、タイミングにより行列が途絶えない事もしばしば。
インスタ映え目的なども含め、若者を中心に、老若男女、時期を問わず大人気なのです。

 

 

何年も前から憧れ店だった割に、近くまで行っても忘れてしまう事が多かったこちら。
結局、時間が出来た時に、これ目的で出向いてみました(笑)

関連:ソフトクリームの記事リスト

デイリーチコ

03-3386-4461
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ B1F

JR中央線「中野」駅(北口)より、徒歩6分
中野駅から390m

 

 

天井が低い事で知られる、中野ブロードウェイの地下1F。
施設が開業した1966年から、ずっとこの地で50年以上も営業しており、フロア内ど真ん中の目立つ位置にデイリーチコがあります。



 

 

他に、この記事を書くにあたり、中野区と中野ブロードウェイについて調べると。
勉強になった事が多かったので、自分へのメモ書きを兼ねて紹介しておきます。

 

中野区は夜人口より昼人口の方が少ない

中野区は人口密度が豊島区に次ぐ第2位

中野区は道幅狭率23区で1位

中野区は自民党が大勝した2014年衆議院選挙で東京唯一の民主党候補当選選挙区

中野区は、高齢者と20~30代の人口が多いひょうたん型の人口分布

中野ブロードウェイは、5階以上は高級マンションで、商業エリアの4階以下からマンションエリアは往来できない。

中野ブロードウェイは旧耐震基準で施行されており震度6以上の地震で倒壊の恐れがあると指摘されている

中野ブロードウェイはサブカルチャーの聖地

等など・・・

営業時間

10:00~20:00
無休

 

 

20時まで・・・
ソフトクリームが買えるのはありがたい!

 

メニュー

ソフトクリームのサイズは3種類。
ソフトクリームの味は8種類。

 


コーンとカップなども組み合わせ、注文する仕組みのようです。
しかし断然の一番人気は、デカ盛りサイズの名物カラフルソフト8種類全色の特大です!

特大サイズは全8種類(税込550円)

カラフルな8色8段の、巨大デカ盛りサイズの名物ソフトクリーム。
見ているだけでも楽しくなるような童心に帰れる一品です!

 

 

~2008年3月頃まで 300円
~2014年上旬まで 390円
~2015年頃まで  440円
~2016年4月頃まで 480円
~2018円3月頃まで 490円
~現在550円

ネット情報によると、10年前までは300円だったと言う、このデカ盛り8段ソフト!
段階を経て少しずつ値上げされてるようですが、現在の550円でも、個人的には高いとは感じませんでした。。

倒れたら自己責任と言うだけある匠の技に惚れ惚れ

この特大サイズの8色ソフトクリーム。
高さ約40cmで、約700gもあるデカ盛りとの噂も!

 

 

たおしても巻きなおしませんとの断り文句がありますが。
背の高さ、デカ盛りっぷりゆえ、客の不注意を保証していたらキリがなく仕方ない措置かも知れません(笑)

しかし、ソフトを提供する側。
巻く側には倒れても落ち度がないと言い切るだけはあり。

 

 

見ていると、手早く、正確に巻いて行きます。
これは、もはや匠の技!
芸十的で惚れ惚れするようです☆

 

 

これをキレイに均等に巻けるようになるまでには、平均3ヶ月を要するそうです(笑)
カップでの提供も出来ず、コーンのみの特大サイズ。
写真を撮る為に使わせて貰おうとした、ソフトクリームスタンドさえも使用禁止なのだそう。

 

 

つまり、ほんの少しの傾きや、扱い方のミスで倒壊するのでしょう。
倒れるリスクが少しである事を全て排除した上で、ギリギリ形が保てる状態になっています。

 

 

ただし、別売り100円でカップを購入すると、この上にカップが被せられ。
コーンが上に来るように逆さの状態にすると、安全に一滴もムダにせず食べられるそうです。
食べるのに時間がかかりそうなケースや、安全策を取るならカップ付きがオススメです☆

8色8段のラインナップ

その時々により、フレーバーの8色は入れ替わるのだとか。
この日は、上から順に以下の8種類。