訪問時間を指定していたので、麺も良い状態で用意していただけました。
コシがあってもやわらかくても、うどんが何でも旨いと思う大好き人間ですが・・・
均等に揃った麺ながら、ふつうにコシがあって旨いです☆

 
 

つけ汁

節系の魚介の香りを強く感じるつけ汁!
カレーうどんの中に魚介を感じると言うより、魚介つけ汁のカレー味と言うくらい。
うまく融合している感がある絶妙バランス。

量が少なめな点だけが寂しいですが、これは旨い☆

 

 

スパイスもいわゆる日本のカレールーと言うより、スパイス系を感じます。
入り口に各種カレー系スパイスがティスプレイされていますが・・・
これらを外注で、業者にブレンドしてもらい使っているそうです。

 

 

辛さは10倍でお願いした為、卓上にもある辛味スパイスがたっぷり入っているそうです。
これは卓上のをセルフで入れても結果は同じそうで・・・



早食いをするには、少し邪魔になるくらいは辛かったです!
普通に美味しく食べられる量ではありますが。
某蒙古タンメンの辛さを5、某北極を9とするなら3~4くらい。

 

ごはん

 

カレーのつけ汁で食べるのを前提にしているのでしょうか。
ちょいかためで、うまいごはん!

 

青ネギが和の感じを出しごろごろ入っています。
味が染みた、ちょっとした肉も。

かなり大きめで分厚い煮豚が一枚と言うより1個!
これが最も驚きました。

一般的なカレーうどんには入らない具ですから、魚介ベースな点も含め。
カレーうどんと言うよりは、つけ麺よりなコンセプトなのかも知れません。

 

早食い経過

序盤しばらく、小さいスプーンを使ってしまいタイムロス。
加えて、うどん麺リフト画像を取るのにも手間取りました。
ここで30秒くらいロスしてしまい、若干投げやり気味に(笑)

うどんを食べ終えた時点で2分以上かかってしまいます。
ここからは、つけ汁にごはんを入れて食べやすくなりました。

 

完食タイム

4分55秒

 

ただ一つ、想定外だったのは豚さんが表面からは厚みが見えず。
ブロック状な大きさなのが後から分かったので、少しづつ崩しながら食べれば早かったかも?

それと辛さをマシたのもスピードの妨げになりました。
開始前に、ごはんやうどんをぶっかけたり、準備をすればかなり早くいただけるでしょうが。
全てを駆使し、仮に、もう一度早食いチャレンジをしても、ボクでは3分を切れるかどうか(笑)

 

 

総評

これだけの量で900円は、コスパとしては、かなり秀逸!
デカい豚と言い、大きなごはんが付く味変的な要素と言い、良く工夫されています。

早食いや、ガチャガチャも含め、イベント的な遊び心も愉しめる要素の一つかも知れません。
これはネタ拾い抜きで、近所にあったら確実に通う店の一つになりそう。

大食いチャレンジも交渉してみつつ、必ずまた伺います!
良い印象が強く残っています。ごちそうさまでした☆

いただいた品の重量とカロリー

実測総重量 1506g
推定カロリー 約1800kcalくらい?

ZEYO.カレーうどん / つくば駅
夜総合点★★★★ 4.3