にほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

違う家は、新宿区メトロ早稲田駅から直ぐにある、大繁盛家系ラーメン店。
また、家系あぶらそばと、家系鯛ラーメンは、こちらが元祖だそうです。

こちらで大食い系美形フードアナリスト、たべめぐみさんプロデュースの、大食いチャレンジメニューを実施中との事で挑戦してまいりました。
最も難易度がやさしめの3kgラーメンを選択しましたが、他にも段階的に多くの大食いチャレンジが用意されています。

 

 

趣味が高じて出店したと言う、吉本興業のお笑いコンビ「ものいい」の吉田サラダ氏のお店は、マイルドで臭みのないラーメンが売り。
ラーメン総選挙「高田馬場・早稲田」で2年連続1位、カップラーメン監修やTV出演も多数で連日大盛況の人気店なのです。

関連記事一覧:家系ラーメン店の記事リスト

違う家

03-6205-5595
東京都新宿区喜久井町67

 

 

メトロ東西線早稲田駅の2番出口から徒歩2秒
駐車場なし

 



営業時間

 

11:00~23:00
不定休

 

 

芸能人のお店と言う事もあってか。
壁には、芸能関係者のサインが張り巡らされていました。

 

 

週末の16時頃の訪問でしたが、この日の対応は、外国人スタッフさん2名が担当。
後から夜担当?の日本人スタッフさんが加わっていました。

家系ラーメンのメニューと注文方法

 

家系ラーメンの店ですが、アレンジを加えたオリジナルも加え。
主に、以下の4本立てのメニュー構成。

横濱家系ラーメン
横濱家系塩ラーメン
横濱家系鯛ラーメン
横濱家系あぶらそば

先に券売機で食券を買う仕組みです。
訪問時は、中休みにあたる時間帯だったにも関わらず、まんべんなく客足が絶えない様子に驚きました。

 

 

一般的な家系ラーメンと同じく。
麺のかたさ、味の濃さ、油の量の好みを申し出る仕組み。

 

 

食券を渡す時に「麺やわらかめ味薄め油少なめ」等の好みを伝えて注文しましょう。
しかし!
チャレンジメニューに関しては、この部分のカスタマイズや変更は利かないのだそうです。

 

豊富な大食いチャレンジメニュールール

なるべく予約した方が無難。
平日、土日関係なく、14時~18時半の間限定の開始で、チャレンジ可能。

 

 

割と難易度の低そうな、30分制限のやさしめチャレンジから。
5~6kgのプロ仕様チャレンジ。
8kg前後のトップクラスのフードファイター級チャレンジまで、段階的に幅広く対応してくれる豊富なチャレンジ。

30分チャレンジ

3kgラーメン or 2.5kgあぶらそば or 2.5kgチャーシュー丼
成功無料+ラーメン一杯無料券
失敗3000円の支払い

各コースが、2~3種類の複数メニューが用意されており。
味の好みや、得手不得手などによって選択が可能な万全の受け入れ体制!

40分チャレンジ

6kgラーメン or 5kgあぶらそば or 3kgラーメン(または2.5kgあぶらそば)+2.5kgチャーシュー丼
成功無料+賞金1万円
失敗6000円の支払い

しかも同じ段階のチャレンジでも、メニュー内容を変更すれば、再挑戦も可能。
例:ラーメン3kg挑戦成功→2.5kgチャーシュー丼再チャレンジ等。

60分チャレンジ

ラーメン6kg(またはあぶらそば5kg)+2.5kgチャーシュー丼
成功無料+賞金3万円
失敗9000円の支払い

ラーメンは家系で、しょうゆ、塩、鯛の3種類があり。
チャレンジなのに、好みで味が選べると言う神対応☆
1度成功したチャレンジの再挑戦は当然不可、途中トイレ退席NGなど、常識的ルールです。

 

 

ちなみに、いまの所、挑戦者の成功率が8割を超えているそうで。
近々、制限時間を短縮する予定だそうで、気になっている方は、早めのチャレンジをオススメします。

 

30分チャレンジ家系鯛ラーメン

オーソドックスな、お店の売りメニューを注文するのがボクのスタイルですが。
ベタな3kgラーメンを選択したまでは良かったのですが。
味が選べると言う事で、珍しさや、好み、どうせなら値段の高いメニューをと言う、せこい考えが浮かび、鯛ラーメンをチョイスしてしまいました。

 

 

言い忘れましたが。
acoさんと同時対戦チャレンジです。

acoデカ盛りちゃんねる←病み上がり不調acoさんの違う家チャレンジ動画

 

そんな感じで予約時刻16時頃、到着すると、5~6kgクラスの40分チャレンジに挑戦してる、先客さんが挑戦中だったらしく。
席が空くまで待ってからの挑戦となり、その方は善戦しましたが、悶絶の上、失敗してしまったようです。
そりゃ、あの量を素人さんが成功するのは難しいわなぁっと思いましたが、後から思い出すとフォロワーさんだったようです。

実食レポ

そんな感じで席が空き、注文してから提供までは、ふつうのラーメンと同じくらいスムーズでした。
5~10分程度で、すり鉢以外では、あまり見かけない12号すり鉢レベルの巨大丼で登場!

関連チャレンジ記事:12号すり鉢の4.5kg大食いチャレンジラーメン蟻塚

 

 

撮影、計量、配置確認などの準備を整えてから、合図を送ると・・・
最後の仕上げで、スタート時に巨大海苔を3枚、丼に挿すのと同時にカウントダウン開始です!