燕三条ラーメンガッツリ軒は、静岡県浜松市にある、店名通りの新潟県ご当地ラーメンをウリにした大繁盛店!
これまた店名通りの、ボリューミーなメニューや、内容がヘビーなメニューが並びます。

燕三条ラーメンは、ざっくり言うと。
極太麺の煮干し醤油ラーメンで、表面を豚の背脂が覆っているタイプ。

 

 

あまり経験値が多くもないのですが・・・
新潟5大ラーメンの一つに数えられ、ラーメンのタイプの中では、個人的に大好きな分類のラーメンです。

関連:燕三条系ラーメンの人気店にしやま亭の旧サブブログ記事

燕三条ラーメンガッツリ軒

静岡県浜松市中区船越町52-33
助信駅から1,232m
053-465-6626

 

 

2016年7月21日に、前身の富山ブラックラーメンを主体とする「まいど」と言う店からリニューアルされ新規OPEN。
ちなみに、まいどの前身は、「元亀」と言う店だったらしい。

営業時間

11:00~14:30
18:00~22:00
木曜日定休



 

 

ド派手な看板で非常に目立つお店。
お店の前が広く、駐車場もたっぷり有ります。

新潟5大ラーメンとは?

新潟あっさりラーメン→ホームラン食堂の記事
燕三条背脂ラーメン中華亭の記事
長岡生姜醤油ラーメン→青島食堂オランダ軒等が有名
新潟濃厚みそラーメン→東横寺尾店の記事
三条カレーラーメン→正広食道の記事

メニュー

あくまで、燕三条系ラーメン主体のメニュー構成。
ボクが今まで利用した事のある、燕三条背脂ラーメン店と同様に、油量に段階があり調整できます!

 

 

そして、最大の訪問動機になったのが、こちら!
二郎系ラーメンのメニューの存在です。

他にも、デカ盛りっぽい山盛りてんこ盛りごはん、日本昔話ライスや、立川マシマシのマシライスに似たジャンク飯と言うメニューにも魅力を感じます!
浜松はデカ盛り店が少ないので、この手の店の存在は非常に助かるのです。

 

 

ラーメン大(税込853円)+鬼油108円
つば二郎(税込1069円)+大盛108円
日本昔話ライス(税込324円)

以上の3点を注文しました!
調子に乗った頼み方ではありますが、食券制ではない上に後から追加した形です。

TSUBA二郎

この、いかにも盛りの良さそうなメニュー!!
それっぽく撮っているから、大きく見えるかも知れませんが!

 

 

提供された瞬間!
小っちゃ!(笑)

直径20cmそこそこくらいの二郎系を盛るには不十分かも?と言わざるを得ない、コンパクトな器です!
こ、これなら3杯食えるかも!爆

煮干しがガッツリ効いたスープ

燕三条ラーメンらしい、煮干しがガッツリと効いている、醤油味もキリッとしたスープ。
甘く感じる気がしますが、甘み成分を入れていると言うより、背脂の甘みが強いのかも!

 

コシがあり旨い極太麺

コシがありもっちりした食感もありつつ、極太で断面が四角い麺。
メインの燕三条ラーメンに合うであろう旨い麺が、二郎系メニューにも共通で使われてました。

 

アブラはマシ可

二郎系メニューですが、二郎系の店と言うわけではないので。
注文時なり、提供前に「にんにく入れますか?」とか「トッピングどうなさいますか?」とは聞かれず。

こちらから聞いたら「ヤサイマシは有料ですがアブラとにんにくはマシ出来ますよ」と答えてくれました。
他の注文との兼ね合いとか、量とかが分からなかったので、「ではアブラマシカラメにんにく別で」と、卓上タレもなかったのでカラメにしておきました。

 

 

更に上の大油と鬼油までとなると、有料になるのだと思います。
二郎系のアブラと考えると、固形が細かい気がしますが。
燕三条背脂ラーメンと考えると、このくらいが普通っぽく、二郎系に使ってもコクがあって甘くて旨いアブラです。

 

 

豚はジューシーな厚切りバラ肉と、厚切りの角切りに、ゴロッと切られた他の部位が2種類。
いずれも表面は照り焼きくらい濃いめの味付けで、ガッツリとボリューム感のある旨いブタちゃんです!

そして、アクセントに、燕三条背脂ラーメンに超合う、あらみじんのたまねぎも添えられていました。
燕三条系では有料トッピング扱いですが、TSUBA二郎にはデフォで添えられているのが嬉しく、全体のバランスが整う良い役割に感じました♡

 

 

TSUBA二郎、全体的に美味しかったのですが。
やはり、いかんせん、量が足りません(笑)

他を頼んだ関係で普通盛りにしましたが。
言い忘れたけれど、ここの大盛りや麺マシは、100g増につき100円でオトク感が微妙なのでケチってしまいました(笑)

つづいて、背脂ラーメン鬼脂と、日本昔話盛りごはん・・・