ジライヤは、埼玉県熊谷市から2020年8月29日に本庄市へと移転した、量と特徴的な麺の硬さで有名な大繁盛二郎系ラーメン店。
割と射程圏の店ながら、今までいろいろな勘違いで、行く機会がありませんでした。

全店舗も新規OPENから4ヶ月ほどで、埼玉では有名店になっていましたが、後追い実食です☆
混みそうな?気がしたので、開店時刻から早々に出向いてみました。

 

 

初見では麺マシより、ヤサイマシの量が多いならそっちを好むヘタレなタイプです。
こちらにはヤサイマシマシの上に?神マシの表記があり注目していました。

関連:熊谷市の記事リスト

ジライヤ新店舗情報

2020年8月29日より新店舗へ移転
→埼玉県本庄市万年寺3丁目22−7

埼玉県熊谷市拾六間985

 



ジライヤ営業時間

11:00〜14:00
18:00〜材料がなくなるまで

日曜夜・月曜日定休

開店時刻ぴったりに行きましたが、先客は5名!
後で食べてる最中11時半前には満席になり待ちが発生していました。

 

ジライヤのメニュー

まずお店に入ると、二郎系ラーメン店には珍しく、券売機がありません。
案内的なメニューが置いてあり、食券代わりの札が置いてあります。

 

 

分からない人も居るので、接客担当の女性スタッフさんがていねいに説明して下さいました。
調理担当のご主人も含めて、接客面は神対応で安心感があります☆

 

 

普通のラーメンが前提で・・・
普通麺orオーション麺
普通盛りor大盛り
いずれかの食券ならぬ札を持って席に付きます。

ラーメンのオーション麺大盛り(税込880円)

麺マシよりヤサイのマシっぷりに興味があるので。
大盛りまでにしておきます。

 

トッピングも先コール

食券を渡す時に、先にトッピングの有無を一つ一つていねいに聞いてくれます。
ヤサイ
ニンニク
アブラ(ピリ辛アブラ有)
カラメ(卓上においてあるので薄めのみ対応)

なし、少し、普通、マシ、マシマシ、神マシ(ヤサイ)
これらをそれぞれトッピングする量を伝えます。

ナツ「スミマセンが神マシのヤサイ量ってどんな感じですか?」
ご主人「6kg以上になります!」
ナツ「あっあっそれは失礼しました」
ナツ「ではマシとマシマシの量は?」
ご主人「普通で山盛りマシで1kgマシマシで2.5kgくらいあります」
ナツ「あっあっじゃぁヤサイとアブラをマシマシでお願いします☆」

 

 

すると、先に受け皿や取り皿と一緒に、アブラが別盛りで提供されました。
更に・・・
ご主人「ヤサイ食べるのに飽きるだろうから」
と辛いピリアブラと酸味のあるゴマダレまで提供してくれました。

なんと言う神対応!

 

 

やがて出て来たのがコレ!
直径も広い大きな丼ですが、ヤサイ標高も限界盛り!
すり鉢とかボウルとか以外で、ここまでの盛りはまれかも知れません☆

記憶の限り、閉店してしまった新潟の某店と並び最重量タイくらい?

 

 

 

まずは、いつも通り・・・
取り皿にヤサイを一秒スライドさせ、いざ実食!!

スープ

ちょっとヤサイをマシ過ぎたので、薄まってしまいました。
卓上にタレがあるとは言え、ベースの出汁がぼやけてしまい残念。

やはり初見でのヤサイマシ過ぎは、こうなりがちなのが微妙。

オーション麺は硬いのでやわらかくしますか?と聞かれましたがデフォで!
確かに麺が絡み合わないほど、太くて硬い麺麺です。

 

割り箸の細い所くらいの太さの角麺。
かなり硬め茹でですが、水分がないと落ちない上福岡の店ほどではありません。

もっちりとした感じはなく、わしわし、ごわごわ。
旨い(笑)

 

ヤサイ

キャベツ比率も高く、クタでもシャキでもないほど良いゆで加減。
ヤサイの甘みがあって旨いですが。
味がまったくないので卓上タレをかけながら、食べ進めます。

 

 

別皿でいただいたゴマダレは・・・
酸味が不得意なボクには使えませんでした。

豚マシ注文の人に・・・
「カタかバラかミックスかどうしましょう?」と聞いていました。
脂身好きのボクなら確実にバラなのですが、デフォは一枚づつ入っていました。

 

バラ

厚さは3cm近くあるジュシーなアブラを蓄えた豚さん。
味は濃くはないですが、間違いのない安定感!
旨い☆

 

カタ

筋張った肩ロースですが、よく煮込まれてほろほろ。
肉の旨味が強くて、これまた旨い豚さんです。
でもやはりアブラがあるバラの方が好み☆

 

アブラ

甘みがある粒が大きめ、あまり液状化しておらず固形なのがありがたい。
肉の部分もコンビーフっぽく混ざっていて旨い!

 

ピリアブラ

ヤサイマシマシで頼んだら、気を利かせこれも提供してくれました。
濃く味がついており、ピリ辛で超旨い!

ヤサイ用に貰ったのに、つけ麺ぽく麺もつけていただいていました(笑)

 

経過

16分経過で、まだ結構残っています。
ヤサイが熱くて序盤食べづらかったのもあり。

 

 

 

23分経過で・・・
ようやく残りがヤサイ少しとスープだけに。

 

 

最後には、豚さんの旨味の素?
骨髄粉が、底にびっしり、ジャリジャリっと!

 

完食タイム

32分

物凄い量でしたが、そこは所詮、ヤサイばかりと言う事で。
硬い剛麺だったので、麺マシをするともう少しかかっちゃうかも知れません。

 

ジライヤ総評

接客やトッピングのサービスの良さ。
特徴的な硬さを持つ麺
豚の種類の使い分け等・・・
随所に良さが目立つ良店だと感じざるを得ません(笑)

 

 

個人的には、ヤサイ、スープ、麺のバランスが・・・
心なしかジャンクガレッジに似てる気がしたのですが、どうなのでしょ?(笑)

公式Twitterを拝見してる限り、限定メニューにも精力的に取り組んでるようです。
スタミナなんちゃらやら、つけ麺、まぜそば等のメニューも気になるし。
お客様目線で、向上心が高く凄く研究熱心、プロ意識の高さ等も好感してしまいます。

ラーメンジライヤ後日の奇妙なラーメン実食レポの記事

 

何かと幅や可能性を感じる楽しめそうな店なので、今後も必ず伺って行きたいと思います。
ご主人!初見でも良くしてくれてありがとうございました。
お腹いっぱいです(笑)
ごちそうさまでした☆

 

いただいた品の総重量とカロリー。

実測総重量 3642g
(固形2718+スープ789g+アブラ135g)
推定カロリー 約2100kcalくらい?

自家製麺ラーメンジライヤラーメン/籠原駅
昼総合点★★★★ 4.2