餃子の萬金はホワイト餃子の技術連鎖を受けたグループ店で、創業50年を超える老舗店。
神奈川県で唯一のホワイト餃子を提供しており、相模原市に大きな店舗を構えています。

全グループ26店舗の中でも、グルメサイト等を中心に特に評価が高く。
神奈川の餃子店では、古くから圧倒的に地域に根付いておりテイクアウトや通販も売上好調なのだとか!

 

相模原ホワイト餃子萬金1人大食い100個提供時

 

今回縁あって、こちらの常連さんにお声がけいただき、撮影、取材と、大食い企画に対応していただきました。
素敵なご主人、ありがとうございます。

神奈川県相模原市の当ブログ実食レポ

餃子の萬金店舗情報

 

〒252-0312
神奈川県相模原市南区相南4丁目1−7
042-746-5855

 

相模原ホワイト餃子萬金駐車場

 

駐車場21台



営業時間

相模原ホワイト餃子萬金外観

 

11時00分~20時00分
水曜定休日

 

相模原ホワイト餃子萬金内観2階席

 

上図個室の2階席もありますが、チャージ料210円が必要です。

1階27席

ホワイト餃子グループ

千葉県の野田本店を主体とし、北海道から南は鹿児島まで。
技術連鎖店を含め、グループ店舗は全26店舗。


ホワイト餃子店舗一覧HP[公式]

 

餃子の萬金メニュー

基本的にはホワイト餃子の一点勝負!
焼き餃子は揚餃子のような独創的な調理方法ですが、全注文の大半を占めています。

焼餃子(8コ) 480円
水餃子(8コ) 520円
鉄鍋蒸し餃子(6コ) 880円
ニラ餃子(8コ) 540円
ライス 200円
わかめスープ 150円
玉子スープ 260円
キムチ&ザーサイ 240円
グリーンサラダ 580円
バンバンジーサラダ 580円

ギョウザの萬金お取り寄せHP[公式]

 

相模原ホワイト餃子萬金メニュー

ギョウザの萬金製造工程

萬金は大きな2階席もある店舗の敷地内裏手の方に、ホワイト餃子製造工場も併設しています。
そちらを特別に、見学、取材させていただきました。

 

相模原ホワイト餃子萬金自家製皮仕込み

 

上図はホワイト餃子の皮が瞬く間に製造されて行くマシン!

ホワイト餃子の原料

キャベツ、白菜、玉ねぎ、にら
豚肉、大豆加工品、塩、海老、チキンエキス、乳製品、植物油、調味料(アミノ酸等)、香辛料、
小麦粉、発酵調味料、添付油(ラー油)

以上の原料から下図の餡が作られます。

 

相模原ホワイト餃子萬金仕込み餡

 

これらを物凄い大所帯の製造職人さんが、手際良く物凄いスピードでキレイに包んで行き。
生のホワイト餃子が完成!

 

 

包む工程には個人差があり。
素早くていねいに、他の職人さんより手際が良いスタッフさんはお給料が良いのだとか!
逆に早くても、雑に包むと、餃子調理中に皮がパンクしてしまう確率が高くなるのそうです。

萬金ホワイト餃子調理工程

まずは普通の餃子の様に、鉄鍋で餃子を蒸し焼きする工程から。
下図のように、乳白色に濁った水から泡が吹き上がったら次の工程の合図!

 

相模原ホワイト餃子萬金調理中油を入れる前

そこへ常温の油ドバドバとたっぷり!
ホワイト餃子が浸かり切るくらいまで注ぎます。
この調理順だと油はまったく跳ねません。

 

相模原ホワイト餃子萬金調理シーン

 

やがて水と油が混じり合って乳化した状態から
油は熱で蒸発しませんが、水分は時間と共に飛んでしまうので、揚げ焼きのような状態を経て完成☆

 

相模原ホワイト餃子萬金大食いパーティー1人で100個食い

 

今回はacoさんと共に、ホワイト餃子100コずつ大食いに挑戦!
これは恐らく死闘になりそう‥

acoデカ盛り ◀◀ acoさん萬金ホワイト餃子100コ実食動画

↑acoデカ盛りギョウザの萬金ホワイト餃子100コ大食いショートムービー

そんな感じで、次ページにて実食!
カウントダウン開始です!