ホワイト餃子植田餃子店は、名古屋市天白区郊外にある、ホワイトの餃子専門店。
現在ホワイト餃子グループは、関東中心に全国26店舗あり、こちらは愛知県唯一の店舗だそう。

ホワイト餃子の、10年以上続く伝統的大食いチャレンジメニューを実施しているとの事で。
餃子チャレンジのまとめを作っている身としては、どうしてもクリアしたく出向いてみました!

 

 

関連:名古屋市の記事一覧

関連:餃子の記事リスト

 
 

ホワイト餃子植田餃子店

 

052-805-5616
愛知県名古屋市天白区植田南2-1501

 

 

塩釜口駅から664m
駐車場17台

 

 

何件もの大学に囲まれた、この辺り一帯は学生街として、ボリュームをウリにしている店が多く。
狭い範囲としては、恐らくボクが知る限り日本一の?デカ盛り地帯を形成しています。

関連:界隈のあいたるやデカ盛りパスタこんなの絶対おかしいよの記事

営業時間

11:30〜15:00 (L.O 14:30)
17:00〜22:00 (L.O 21:30)
※餃子無くなり次第終了

 

 

定休日
水曜・年末年始

ホワイト餃子専門店メニュー

ほぼほぼ、ホワイト餃子のみの品揃え。
種類や、キムチ、ザーサイ、メンマ、サラダ程度しか置いていない潔いラインナップです。

 

 

大食いチャレンジを現在も実施しているか?
遠方で不安だったので、予め電話にて確認しておきました。

 

ギョウザの萬金【デカ盛り】神奈川県唯一ホワイト餃子グループ最上位クラスの大繁盛店舗【大食い】

↑ホワイト餃子公式技術連鎖店ギョウザの萬金100個チャレンジ記事

大食い早食いチャレンジルール

ナツ「ネットで大食いチャレンジ情報を見かけたのですが現在もやってらっしゃいますか?」
店主「やってますけど月・火の17~19時限定でその日に餃子があればやりますが予約は受付けていません」
店主「だもんで遠くから来るならオススメしませんよ」

 

 

こんな感じで、10年前後前は盛り上がっていた時期もあったようですが。
今は、大食いチャレンジには積極的ではない?ような様子。

ホワイト餃子の焼餃子50コ(女性は40コ)
制限時間30分
完食で無料
失敗は2400円(税込)の支払い

壁一面に、50名近くのチャレンジ成功者が張り出されていましたが。
その殆どは約7~10年前頃のチャレンジばかりで、直近3年くらいだと成功者が5名も居ないくらい。
超マイナーなチャレンジなのかも知れません。

 

 

それでも、どうしてもやりたくて、いざとなったら、この界隈はいくらでもデカ盛り店の受け皿があるので。
ダメ元で月曜17時前に並ぶと、10分前の時点で駐車場へは5組くらいの並びが発生!

店主「開店した時の状況でもう少しお客さん来たらお受けできないかも知れませんが」
店主「始まってみないと分かりません」

と釘を刺されましたが、それでもダメ元で並び続けると、何とか挑戦させて貰う事が出来ました。

超鬼熱のホワイト餃子は穴も空けるのもNGな厳しめルール

店主さんの他に、スタッフさんは3名の態勢で忙しそう。
一通り、他のお客様の餃子注文を捌いた後、開店から22分で、ボクの順番になりました。

 

 

店主「ではルール説明をしますが餃子に醤油や酢をかけたり他の餃子に穴を空けたりグチャグチャにしたり一切禁止ですので一つずつキレイに食べて行って下さい」
ナツ「穴を空けるのもダメなのですね承知しました」

他にも途中退席NGなど、一般的なルールが言い渡されると。
ジュージューと音を立てた、超熱そうなホワイト餃子が一皿に25コずつ並び、2皿提供されました。

 

 

若い男性スタッフ「ではご用意は良いですか?」
ナツ「先に撮らせていただいて良いですか?」
若い男性スタッフ「ムリです」
ナツ「なっ!むっムリとな(笑)分かりましたではどうぞ始めて下さい」

店主さんとスタッフさん意思疎通は完璧ですね(笑)
カウントダウン開始です!

 

 

いつもなら、いただきますとすぐに取り掛かるのですが。
そこまでして焦って、どうしても無料に拘ってるわけでもないので、まずはゆっくりと計量と撮影をしたので1分のロス!爆

そんな感じで次ページにて。
いざ実食!カウントダウン開始です☆