実食レポ

そんな感じで崩すのさえもったい感じですが、いざ実食!
まずはカツから。

 

三重県らしい名物の豚テキのようなごつ目のカツ

断面を見ると一瞬、リブロースかと思わせるような複層に入ったジューシーそうな脂身。
そして3cm以上ある十分過ぎる厚みですが、かじりついて見ると、肉肉しい噛みごたえあり!
肩ロースでした。

 

 

ボクはお尻側のサーロイン部分にあたるロースだったら、多少筋張っていても肩ロースを噛み締めたいタイプ。
硬さとも噛みごたえとも取れる肉々しさと、臭みとも風味とも取れる豚肉らしいワイルドな香りも好みなのです!

それにしても凄い量!
新潟県最大のデカ盛り店萬来のカツカレーのカツにも似た絶品肩ロース巨大カツ。
350g前後くらいはありそうな、下がオムライスではなく定食でも価格的に納得できるくらいのボリュームなのです。

 

 

デミソースと相まって旨いのですが。
肩ロースと言う時点で「肉はやわらかい方が旨い」と言う派閥に属している人には合わないかも。

にしても、このオムライスに、このワイルドなカツを合わせるのは勝負してるなーと思いましたが。
ふと思いついたのは、ここは少し外れてはいるけれど、一般的に肩ロースを使用する四日市名物トンテキの意識があるとんかつなのかも?と思い納得したのでした。



オムライス

ジューシーなトマト感のあるしっとりと炒められたトマト感強めのケチャップライス。
たまごはオムライスとしては厚みがあり。

 

 

デミソースの味付けに合わせて、中の味付けは薄めに微調整してありました。
確かにボク的には量は全く足りませんが、一般的には超ボリューミーで食べごたえは十分かも知れません。

 

完食タイム

25分

ゆっくり味わって食事するには、やはりこのくらいかけた方が旨いのよね。
たまには良い連食向けな準デカ盛りでした(笑)

 

 

最後はちょっとしたフルーツがデザートとして出てきました。
皮ごと食べられる系のマスカットと、半ぺた(群馬弁)に切られたみかん。

 

 

会計時には「あめちゃんどうぞ」って言われた(笑)
三重県でも鈴鹿市だから、東海と言うよりは関西圏と言う事なのだろうと実感!爆

総評

客層は若者中心、女性比率も高いので、がっつりタイプの層と、映え系のオシャレさを求める層の心をガッチリ掴んでる大盛況な良店!
これだけの内容と量で1080円は、コスパが最高に良いかも。
味も標準以上、映え感も◎。

関連:東京都を代表するデカ盛り映え店俵飯の記事

関連:埼玉県を代表するデカ盛り映え系中華店かし亀の記事

 

そして何よりハイレベルだったのは接客力、サービス精神!
担当で愛嬌抜群のかわいらしい女性スタッフの個の能力が凄まじく。
何年経っても思い出すような、非常に心に残る留まる、自然で心地の良いおもてなし力でした。

裏に商売っ気が見え隠れしすぎな、いかにもな媚び方をする店とは全く違うんだよなぁ(笑)

関連:洋食の記事リスト

最後は絶妙のタイミングで出口でドアを引きお見送り。
接客には自信があるボクも、この子には負けるかも知れない。
感動した☆

いただいた品の重量とカロリー
推定総重量 800gくらい?
推定カロリー 約1300kcalくらい?

洋食Mogu洋食/鈴鹿市駅鈴鹿駅
夜総合点★★★★ 4.1