まるぎん道場は、愛知県西尾市に位置する、三河地方に4店舗あるラーメン店「まるぎん」チェーンのひとつ。
その内、岡崎市にある、まるぎん2号店と、こちらは三河地方では殆どない、二郎系ラーメンをウリとしています。

更に、まるぎん道場には、道場破りと言う名の大食いチャレンジメニューを実施しています。
制限時間短め、20分以内に完食成功で料金は無料で失敗でも、そう高くない料金設定。

 

 

大食いチャレンジの詳しい量など分からないのと、愛情盛り(額面より多く盛ってくれる事の意)が怖いので。
お店に問い合わせてみると、スタッフさんが外国人で、細かい分量の詳細までになると会話がイマイチ成立せず。

関連:二郎系ラーメン店の記事一覧ページ

まるぎん道場


 
0563-65-3117
愛知県西尾市永吉町2-79
西尾駅から801m

 

 

不安感は増しましたが、ダメ元でチャレンジしてみようと思いました。
元々、ラーメンの大食いチャレンジは不得意で、撃沈率が高いので特に慎重になってしまうのです。

関連:撃沈記事の一覧人気ページ



営業時間

11:00~14:00
18:00~24:00(売切れ次第終了)

水曜
駐車場 有

 

 

予約は不要と言う事で、遅い目の時間22時台に訪問。
こんな時間でも、三河地区では貴重な二郎系ラーメン店だからか?席は常に8割ほどは埋まっている大繁盛っぷり!
スタッフさんは日本語が流暢な、外国人スタッフ2名で、日本人が居ないオペレーションに時代を感じます(笑)

メニュー

 

メニューの種類は割と豊富。
盛りの種類も豊富です(笑)

煮干しラーメン(塩orしょうゆ)小盛 850円

ラーメン小盛 720円

台湾ませそば小盛 850円

台湾ラーメン小盛 720円

汁なしニボ小盛 850円

づけ麺小盛り(ニボペースト付) 800円

のせのせ(肉、ヤサイ、味玉) +330円
麺増し(120g) 100円

 

麺量は、全てゆで前です。
茹でると一般的に、ここから1.6倍くらいになると言われています。

レディース120g
小盛り  240g←標準サイズ
大盛り  360g
大大   480g
大大大  600g
大大大大 720g

レディース盛りは、だいたい-100円
大盛り以上は、だいたい120g増ごとに100円ずつ加算されて行く仕組みのようです。

 

 

麺はいくらでも増せそうですが、1kgくらいまで増すと、加算金額がかさみそうです。
それでも100g→100円の店も多いので、それから比べると、まだマシかも。

ラーメン道場破り(大食いチャレンジメニュー)ルール

電話で予め問い合わせておきましたが。
道場破り挑戦希望者は、食券を買う前にスタッフさんに必ず声をかけて下さいとの事。

麺ゆで前840g、肉のせのせ、味玉、ヤサイマシマシ
(総重量3kgに迫るデカ盛り)
制限時間20分
時間内完食成功で料金無料
失敗は税込1680円の支払い

ナツ「道場破りいまから出来ますか?」
スタッフ「こくりこくり」

 

 

スタッフさんは、この日、外国人男性が2名のみのオペレーション。
日本人が一人くらい居るのが一般的なのでしょうが、ラーメン店で外国人2名のみのフォーメーションは初めてかも!

許可を得てから、道場破り1680円(税込)の食券を買いました。
にんにく量
背脂の量
麺のかたさも食券を渡す際に好みを聞いてくれます。

 

 

チャレンジの条件が圧迫されないよう、成功しやすくする為に、ニンニクとアブラ少し麺やわで注文してみます!
ニンニクもアブラも大食いするには、少ないほど食べるのが楽ですし、麺は柔らかめのほうが飲み込みやすいのです。

 

 

失敗でも適正価格程度かも知れないので、安心感がありますが。
成功すると、後で返金してくれるようです。

 

 

卓上には各種調味料の他、氷のたっぷりはいったピッチャー。
ティッシュ等も用意されており、大食いチャレンジには適した、やりやすい状況でした。

 

 

そんな感じで、数分の時を経て、登場したのがコレ!
調理風景を見てましたが、麺はテボ2つ分、ヤサイもテボ2つ分で、大丼にギューギューに詰まっています。
豚は厚みのある炙りチャーシューで脂身も多めのが4枚と、味玉も乗っていました。

 

 

内容は豪華で嬉しいですが、長くない制限時間内で食べるのは、楽ではなさそうです(笑)
撮影やら計量の準備時間は、十分にいただけるので安心。

呼吸を整えて、カウントダウン開始!
いっただっきまーす☆