歴史を刻め沖縄は、歴史を刻め松山店から店名を分かりやすく変えた、沖縄県那覇市の大繁盛二郎系ラーメン店。
店主の修行先は、ラーメン荘歴史を刻めなかもずですが、こちらは「らーめんふぁんくらぶ歴史を刻め沖縄」

修行先の屋号を一部使っている物の、のれん分けのように独立しているようですが。
ラーメン荘系列の系譜で、ラーメンの質やメニュー、ルール等はほぼ変わりません。
当然麺マシも上限なく対応可能なのです!

 

ラーメンふぁんくらぶ歴史を刻め沖縄汁なし二郎系ラーメン麺マシ1100g大食い

 

開店当初の松山店だった頃は、非乳化スープの、らしくないバランスでしたが。
しばらくして修行先の店主さんから味の質のアドバイスがあり、改めて豚感の強い現在の味になったのだとか。

沖縄県の当ブログ記事リスト

らーめんふぁんくらぶ歴史を刻め沖縄

098-914-1283
沖縄県那覇市松山2-6-1

 

ラーメンふぁんくらぶ歴史を刻め沖縄外観

 

駐車場はないので、近くのコインパーキングを利用しましょう。
感染者次第では、繁華街の為、週末は遅くまで営業しています。

営業時間

11:00~14:00
18:00~22:00
金・土
18:00~翌3:00



日曜日定休


コロナ禍につき現在は以下のような営業時間に変更されています。
繁華街なので、落ち着けばまた上記の様に戻るかも?

11時~20時

木曜、日曜定休日

 

ラーメンふぁんくらぶ歴史を刻め営業案内

 

カウンターのみ10席

 

 

この他に、恐らく、こちら沖縄と同じく、実質のれん分けっぽいのが?

 

ラーメン荘系列は、殆どの店で並ぶ前に、先に食券を購入するルールです。
代表待ちでの割り込みはルール違反ですので、待ち合わせの際は全員揃って並びましょう(当たり前)

歴史を刻め沖縄メニュー

タッチパネル式の液晶券売機!
ラーメン及び汁なしの2大看板メニューでの営業です。

 

ラーメンふぁんくらぶ歴史を刻め沖縄タッチパネル式券売機

 

麺量は、ゆでる前の量。
麺は茹でた後、一般的に約1.4~1.9倍程度になります。

ラーメン(300g) 900円
豚ラーメン(300g) 1100円
大ラーメン(500g) 900円
大豚ラーメン(500g) 1100円

汁なし(300g) 900円
豚汁なし(300g) 1100円
大汁なし(500g) 900円
大豚汁なし(500g) 1100円←注文品

豚マシ1枚 100円
豚マシ3枚 300円
チーズ 50円
たまご 50円←注文品
持ち帰り豚 1000円

ちなみに2019年の時より?各ラーメン、汁なしは100円の値上げがあった模様です。
沖縄は輸送費が高く、もやしもバカ高い為、このくらいは妥当だと思える金額。

歴史を刻め沖縄麺増しルール

大ラーメンは、ギブアップ禁止ながら茹でる前600gまでは無料!
更に、現金100円を沿える事で、上限なく麺増しが出来るとの事です。

 

 

100円を添え、今回も麺増しをお願いしました。
ゆでる前の麺量1100gでの申請

大の食券を渡す際に申し出
麺量グラム指定
大で600g(ゆで前)まで無料、それ以上は現金100円を添えて麺マシ申請上限なし

ラーメン荘系列は、一般的にはあまり愛情盛りされる事は少ないので。
やや余裕を持って、豚汁なし(豚+2枚)にしておきました。

 

 

味変の生たまごも50円も沿えて‥
後半、きつくなった時に食べやすくなるのに加え、取皿を先に持っておくような意味があります。

 

コール(無料トッピング)のルール

ラーメン荘系列では、先に「にんにく」の有無から言う店が多い。
ただし「にんにくなし」は「にんにくまし」と聞き間違うので「にんにく抜き」と言うのが暗黙ルールです。
ニンニクはコールしないと入りません。

 

 

その後、ヤサイ→アブラ→カラメの順で、欲しいトッピングを欲しい量で続けて言います。
野菜だけはデフォでも入りますが、その他はコールしないと入りません。
各少なめ、マシ、マシマシ、チョモ(チョモランマの略)などの量が指定出来ます。

 

 

今回のボクの無料トッピングコールは‥
ニンニク別皿ヤサイチョモアブラマシマシカラメで

ちなみにラーメン荘系列は、アブラ及びカラメは、別皿で提供される事が多いです。
関東の二郎系でやると怒られる可能性の高い、後からトッピング追加でも対応してくれる店舗さんも多いです。

 

ラーメンふぁんくらぶ歴史を刻め沖縄汁なし二郎系ラーメン麺マシ1100g盛り付けシーン

 

acoデカ盛り ◀◀ acoさん歴史を刻め沖縄麺増し大食い動画(公開済)

↑acoさん山岡家朝ラーメン無限替玉限界チャレンジ動画一部ショートムービー

そんな感じで‥
次ページにて実食!