デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ

「肩ロース」の記事一覧

キセキ食堂本店【大食い】奇跡の熟成肉とんかつテイクアウト【2020年6月】最新お店情報

キセキ食堂上尾本店は、奇跡の熟成肉が食せる行列の絶えない大繁盛とんかつ店。 ピンク色を残すギリギリの低音調理の火加減と、独自熟成技術を駆使し肉質は最後の晩餐候補にしたいほど超絶品。 2016年に食べログで火が着き、017年に孤独のグルメseason7第一話に出ると人気は加速! 調理技術も進化し続けつつ店主さんの腰の低さは健在の、予約の取れない大行列店になりました。

古都(入間市)【大食い】埼玉のデカ盛り聖地にてまさかのタイムアタックが存在した

古都は、入間市郊外に位置する、埼玉県を代表するデカ盛り聖地と呼ばれる大繁盛店。 テレビに取り上げられた実績などは、数え切れないほどで、普通のメニューを注文しただけでも、とんでもないデカ盛りが出てくるのが特徴的。 何年経っても全く年をとらない名物若女将自身が大食いらしく。 その盛りの良さは年々エスカレートしており自然と盛りが増えて行ったのだとか(笑) 更に大盛りの上にある特盛りは、若女将に顔を覚えられないと注文できないと言う独特のルールもあり。

そい屋(松戸市)【デカ盛り】肉塊みそラーメン大食いチャレンジメニュー有吉ゼミ初制覇に挑む【撃沈?】

そい屋は、千葉県松戸駅からすぐに位置する、大繁盛味噌ラーメン店。 客の大半が注文すると言う、大判ステーキサイズの分厚いチャーシューがドーンと乗った、びっくりチャーシュー蔵出し味噌ラーメンが看板メニュー! 更にその3倍以上にもなると言う、有吉ゼミでも紹介された総重量4.4kgもの大食いチャレンジメニューも実施しているとの事。 いつもギリギリで手が届かない絶妙な位置にある、有吉ゼミのチャレンジグルメですが。

かし亀(加須市)【デカ盛り】映えすぎる老舗創作中華店センス抜群の4代目店主の技で大繁盛店へ【大食い】

かし亀は、埼玉県加須市の創業数十年の老舗中華屋さんですが。 現在の店主になり、盛りの良さと豪快かつ美しくインスタ映えするビジュアルで、客が客を呼ぶ人気店へ。 2017年後半くらいから、一気にブレイクを果たし、今や週末の並びが激しい店へと急成長と遂げました。 特にチャーシューやからあげ等の、見映えも良く豪快な肉を使ったメニューが大人気!

ひばり食堂(高知県)【大食い】四国一大きなデカ盛りメニュー超巨大かつ丼の大繁盛店で自己ベスト挑戦

ひばり食堂は、高知県大豊町にある、四国を代表する最も有名なデカ盛り大繁盛店! 知り合いの大食いさんも苦戦するほどのボリュームに長年ビビっていましたが、意を決して遠征してみました。 高知県は、47都道府県の中では直近で最も遠ざかっていた県で、約8年ぶり。 むしろ今回の長旅は、四国最強とも言える? こちら、ひばり食堂の倍盛りかつ丼が最大の目的なのです!

洋食Mogu(鈴鹿市)【デカ盛り】ボリューミー映え系大繁盛洋食店の巨大カツオムライスと神接客【大食い】

洋食Moguは、三重県鈴鹿市駅近くにある、ボリューミーな盛りの良さと、映え系のキレイな盛り付けが特徴的な大繁盛洋食店。 安価で味も良く、意外過ぎる接客の良さも魅力の1つ。 メニューも豊富で、地元の連日大盛況な中華店かし亀の、洋食版と言うとしっくり来るかも。 良い意味で三拍子も四拍子も揃ったバランスの良いお店なのです。

HONMACHI豚テキ南船場店(大阪市)【デカ盛り】関西を代表する有名大食いチャレンジメニュー【肉地獄】

HONMACHI豚テキ南船場店は、大阪市中央区にある、ガッツリ系の豚テキ専門店。 時間内完食で無料となる、関西を代表するとも言える有名大食いチャレンジメニューがあり。 大阪での初チャレンジは、ここでと決めていたので。 仕事絡みで大阪に出向いた短い滞在の際に、挑戦してみる事にしました。