デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ

「久喜」の記事一覧

蒙麺火の豚【デカ盛り】神ブタの格安豚マシ麺増しフュージョン大食い【撃沈?】

火の豚は埼玉県久喜市に本店を構える大繁盛二郎系ラーメン店! ラーメン二郎と蒙古タンメン中本と双方で修行経験があると言う店主が放つフュージョンが大人気です。 2016年に新規OPENから4周年おめでとうございます。 豚マシ券150円で分厚いブタが2枚増える今どき神対応なルール‥

火の豚(久喜市)【デカ盛り】超激辛チャレンジメニュー火の頂10倍に挑戦【大悶絶】

蒙麺火の豚は埼玉県久喜市に位置する、創作オリジナルラーメンのフュージョンを売りとする二郎系大繁盛店。 直系ラーメン二郎と蒙古タンメン中本、いずれも修行経験を持つと言う店主。 二郎+中本の良い所取りで融合させた、話題性バツグンの看板メニューは斬新で、全国のラーメン店経営者が殺到するなどし、一目置かれる存在となったのは記憶に新しい所。 そんな火の豚のもう一つの看板メニュー火の頂ラーメンの激辛チャレンジが…

蒙麺火の豚(久喜市)【デカ盛り】二郎+中本=フュージョンが話題の店で全メニュー制覇へ【大食い】

蒙麺火の豚は埼玉県久喜市にある、独創的メニューが評判を呼ぶ二郎系大繁盛店。 ラーメン二郎と蒙古タンメン中本と言う人気チェーン双方での修行経験があると言う店主。 双方のメニューを融合させたフュージョンと言う品は、話題が話題を呼び西日本から見に来る同業者も多いほど。 2016年開店当初から注目され、勢い良く2年半で4店舗を展開しています。

蒙麺火の豚(埼玉県久喜市)【デカ盛り】激辛と二郎系を融合させた大繁盛店での麺マシすり鉢大食い會【超激辛】

蒙麺火の豚は、埼玉県の久喜市にある、二郎系と激辛を上手く融合させたフュージョンと言う看板メニューがウリの大繁盛店! 2016年の開店当初から良く利用しており。 麺マシ等の対応を含め、わがままオーダー等にも融通が効く対応してくれる、ありがたいお店の一つなのです。 この日は麺マシ好きのフォロワーさん2名との麺マシすり鉢會★

麺堂稲葉クキスタイル(久喜市)【大食い】濃厚鶏白湯がウリな大繁盛店で2コ食い

麺堂稲葉は茨城県古河市に本店のある、鶏白湯ラーメンの超人気店。 こちらクキスタイル店は、味は全く変わりませんが、混雑度が低いのでオススメです☆ 界隈に住んでいた頃は、週一で通っていた事もあるくらい。 中毒性が高く、万人受けしそうな濃厚な鶏白湯がウリなのです☆

ビストロサンマルクモラージュ菖蒲店(埼玉県久喜市)【デカ盛り】要予約の盛りが美しい巨大ジャンボパフェに挑戦【スイーツ】

SNS繋がりの方からの情報提供があり、知ったビッグパフェ。 こちらのパフェは前日まで予約となる特注メニューだとか。 その日暮らしの気まぐれな性格には予約はハードルが高いですが。 予約してしまえば行くしかないので、意を決し予約しました。

蒙麺火の豚(埼玉県久喜市)【デカ盛り】激辛系も旨い二郎系店新メニュー片っ端から頼んだ【大食い】

ランチ難民寸前の日。 火の豚さんがずっと頭にありながら、一年弱機会がなく行けずじまい・・・ 遠ざかってる内に、メニューが幅広くなったらしく。 激辛気分なのもあり、それらの未食なメニューを片っ端からいただくのがお目当てです