赤い看板に「うまいラーメンショップうまい」がトレードマークのラーメンショップは全国に約300店舗を展開する、ラーメンチェーン店。通称ラーショ。
現存する東京都大田区のGOOD MORNINGラーメンショップが1号店。店の裏に椿食堂管理有限会社を構え、そこからフランチャイズ展開されています。

ラーメンショップから派生する分派のようなグループは数多く存在しますが、その中でも栃木県に本部を置く白のれん系列の特徴と店舗をまとめました。
全国約300店舗の内、31店舗が北関東本部の白のれん店舗でラーショ内の一大勢力なのです。

 

ラーメンショップ犬塚本店外観
ラーメンショップ北関東白のれん本部犬塚本店外観

 

ロイヤリティが発生せず一部ラーメンの材料などを仕入れる以外は、各店舗にゆだねる緩いルールによる自由度の高さが良くも悪くも大きな特徴。
各店舗で味も盛り付けもメニューも価格も異なり、またラーメンショップから派生しているグループや独立店舗も数多く存在しています。

» 当ブログのラーメンショップ店舗リスト記事

ラーメンショップの各店舗フランチャイズのルール

ラーメンショップのフランチャイズ店舗のルールはゆるく、ラーメンなどに使用する調味料類や食材を椿食堂管理本部から仕入れるのみ!
それでも独自の仕入れをする店舗が続出するなど、仕入れのルールさえも必ず守られてはいません。
創設者は椿社長で、現在は二代目へ引き継がれています。

ラーメンショップFC加盟店仕入れルール
  • ラーメンに使う醤油タレや味噌タレなどの調味料
  • らぁじゃん(豆板醤ぽい調味料)&おろしにんにく(卓上調味料)
  • 和えネギにゴマ油などと一緒に使われる謎の調味料クマノテ(中身は旨味調味料)
  • 麺(必ずしも守られていません)等々‥

    契約的には食材の仕入れ等をルール化しつつも各店舗が厳守しておらず。
    それらが揉め事に発展した例も殆どありません。

    仕入れ以外のラーメンショップルール
    • 豚骨しょうゆスープの作り方ノウハウを伝授
    • 一定期間の修行ではなくごく短期間の研修で各店舗がすぐに独立できる(研修店舗は様々)
    • 薄い水色の幅が浅く広い青磁の丼が最初に支給される
    • 売上のロイヤリティは発生せず仕入れ食材の中に相当分が含まれている

    椿氏に近いラーメンショップFC店舗は取材に応じないことでも有名で、独立した店舗も多くを語らず、実質許容しているルールのゆるさや派生の仕方が謎めいている点も逆にラーショの魅力なのです。

    ラーメンショップ派生グループ

    ラーメンショップマニアの間では「ラーメンショップ」もしくは「椿」が店名に入っていれば、ラーメンショップと見なす傾向があり。
    これらの元ラーメンショップ店舗をラーショと括るかどうかは意見が分かれます。

    ラーメンショップ関連派生グループ
    • 北関東白のれん栃木本部グループ(栃木県R4を除く全店、茨城7店舗、群馬4店舗、埼玉4店舗)
    • 椿系福島系
    • 西四国本部KANTO系
    • ニューラーメンショップ(埼玉や千葉方面に多い)
    • 椿ラーメンショップやラーメンショップ椿(独立個人店もあり)
    • 新ラーメンショップ(埼玉県や四国を中心に点在)
    • ラーメンショップさつまっこ
    • ラーメンショップAji-Q系(秋田を中心に東北地方で勢力拡大)
    • その他屋号も変更する個人店など多数

    » ニューラーメンショップ【違い独自調査】うまいラーメンショップうまい

    元ラーメンショップから屋号を替えて独立している店舗も多く存在。
    中にはラーメンショップとは縁もゆかりもなく、屋号にラーメンショップを使用し豚骨しょうゆベースに寄せている店舗さえ存在します。

     

    今回はこれらの中から、栃木県小山市に本部に置く椿系、北関東白のれん系列31店舗を紹介します。

    ラーメンショップ白のれん北関東本部店舗リスト一覧

    白のれん店舗の本部はラーメンショップ犬塚本店で、店舗の裏に製麺工場ミツワフードセンターがあり、白のれん店舗共通の麺を製造しています(生きている麺のポスターでおなじみ)

    麺以外は、椿食堂管理のものを仕入れている事が多く。
    うまいラーメンショップうまいの看板は同様で、入口にかけられているのれんの色が、白地に赤文字のうまいラーメンショップうまいとなっています。

     

    • 栃木県のラーメンショップは2022年OPENのR4店以外の全16店舗が全て白のれんラーメンショップ
    • 埼玉の栃木県県境に近い4店舗
    • 同じく群馬の栃木寄り4店舗
    • 茨城の栃木県寄り7店舗

    合計31店舗が白のれんのラーメンショップ店舗となっています。

    栃木県のラーメンショップ白のれん店舗

    栃木県(r4店を除く)全16店舗

       

      ラーメンショップ水代店ネギチャーシュー大盛りライス2つ分
      水代本店ネギチャーシュー大盛り+ライス✕2

       

       

      » 相方acoラーショ犬塚本店グルメ動画

      埼玉県のラーメンショップ白のれん店舗

      埼玉県北部の栃木寄り4店舗

      ラーショ北川辺ネギチューシュー麺大盛りカタメオオメウスメ
      ラーショ北川辺ネギチューシュー大盛り

       

       

      » 相方acoラーメンショップ羽生インター店ライスおかわり自由実食動画

       

      群馬県のラーメンショップ白のれん店舗

      群馬県の栃木寄り4店舗
      (藤岡、月夜野、下仁田は白のれんではありません)

       

      ラーショ東大室ネギチャーシュー大盛カタメ多め薄めと大ライス
      ラーショ東大室ネギチャーシュー大盛と大ライス

       

       

      » ラーメンショップ太田店ネギチャーシュー大盛りと山盛りライス動画

       

      茨城県のラーメンショップ白のれん店舗

      茨城県の栃木県寄りの7店舗が白のれん店舗

       

      ラーメンショップ結城東ネギチャーシュー麺大盛り山盛りライス
      ラーメンショップ結城東ネギチャーシュー麺大盛り山盛りライス

       

       

      » ラーメンショップ下大野ネギチャーシュー大盛り+山盛りライス実食動画

       

      ミツワフードセンター製麺

      ラーメンショップ北関東白のれん店舗共通の生きている麺はミツワフードセンター製。
      他のラーメンショップの麺との違いは、細くて長い麺でコシが強く小麦風味が強いバランスです。

       

      ラーメンショップ白のれん店舗生きている麺
      ラーメンショップ白のれん店舗生きている麺

       

      ラーメンショップ巡りの中でも行動範囲内に一番多く、最もよく食べている系列です。
      ここの麺が食べ慣れすぎて、しっくり来る感じがあり!

      ラーメンショップの意外な派生先

      ラーメンショップの1号店は東京都大田区羽田にあるGOOD MORNING ラーメンショップとして現存しており。
      1960年代に椿食堂として始まり、この店舗で初めてラーメンショップの店名が使われました。

      ここからいわゆる「うまいラーメンショップうまい」の看板の、椿食品管理が手掛ける店舗が続々とOPEN。
      当初は営業時間が長い店が多く、ロードサイトにトラックも停められる郊外店が1990年代に一気に広がり、更にそこから様々な分派へと派生したのです。

      また意外な所では、ラーメン二郎新小金井街道店はラーメンショップからの屋号変更であり、ご子息のラーメン二郎野猿街道店店主さんと親子共々ラーメン修行のルーツはラーメンショップにあるのだそうです。

      ラーショ、家系、山岡家、ラーメン二郎野猿街道の全てが豚骨しょうゆスープをベースにしているなどの共通項もあり、マニアの間では有名な話です。
      そう考えるとラーメンショップが日本のラーメン界に与えた影響って凄い!

      北関東白のれん店舗総評

      白のれん北関東本部店舗は1990年代に犬塚本店から派生。
      しかし当初その多くの研修店舗は、水代本店での修行を経てのれん分けに至っているのだそうです。

      そこから羽生店や北川辺店のような研修店ができて更に拡がり、逆に閉店してしまった店舗もラーメンショップは多数ありつつ。
      ここ数年のYouTubeによるラーメンショップブームも手伝い、現在でもラーメンショップ全国300店強の内、栃木県中心に31店舗を白のれん店舗が占めています。

      スープにほんのり魚介が香りつつ、細くて長くてコシがあり啜りごたえがある白のれん店舗共通の生きている麺も口に合うのです。
      行動範囲内から近く20店舗で実食しており、残り12店舗なので早く白のれん店舗を全店制覇したいと思っています。

      調べれば調べるほど奥が深く、かつ謎めいた点も多いラーメンショップ。
      今後もなるべく空いている時間に各店を実食し、お仕事のじゃまにならない程度に各店主さんにお話を伺いたいと思います。
      新たな知見が増え次第、各ラーショ記事にも随時加筆予定。

       

      監修者
      ラーメメンショップ水代店店主さん
      ラーメンショップ水代本店
      店主氏
      創業30年を超えるラーメンショップ北関東白のれん店の最たる研修店として知られている。
      古い店舗では壬生店、間々田店を除く殆どの北関東白のれん栃木本部の看板の店主は水代店出身で、うまいラーメンショップうまいの大元になっている椿社長とも面識があり、昔の繋がりがあると言う。
      ラーメンショップ界隈の偉人の一人。
      現在は二代目としてご子息に店舗を譲るべく、コロナが完全に終わったら引退をお考えなのだとか。

       

      監修者掲載許可済